『世界でたったひとつの「胸の奥でありがとうを言う方法」』

 

あなたはストレスを、溜め過ぎてはいませんか?
心の不安やモヤモヤを今すぐ解消して、
毎日スッキリした気分で過ごしたくないですか?

もし、あなたの答えがYES!なら、ぜひともこのままこの手紙をお読みください。

 

電車の中やお風呂の中などで、いつでも自由に実践できる
あなただけの「完全オリジナルな感謝の方法」があるとしたら、
あなたは今すぐ自分のものにしたい!と思いませんか?

うさんくさい!?と思われるかもしれませんが、実はそんな方法があるんです!



※その内容の一部を、無料で読んで見ませんか?
今なら、無料でダウンロードしていただけます。


⇒ 『胸奥(第2章)』は、こちらからどうぞ!

 ↑ 右クリックし「対象をファイルに保存」してください。



はじめまして、井川澄夫 と申します。
1950年代生まれ。小さな広告制作会社を経営しています。


いきなりで大変申し訳ありませんが、
私自身が人生最大(たぶん)のピンチを迎えていた頃の「胸の内」をご覧ください。


いい歳をして大変お恥ずかしいのですが、嵐のような荒れ模様でした。(涙)


 

 

やっぱり、そうなんだ!

この記事を読んだあと、私はなぜかホッとしました。 不謹慎かもしれませんが。
心の健康に不安を抱いているのは、自分だけじゃなかったんだと!

実は私自身、2007年は、これまでに経験したことがない厳しい一年でした。
何度も胸のまわりが鉛のように重くなり、いつうつ病になるかヒヤヒヤしていました。

実際、ラッシュ時の満員電車には一時期完全に乗ることができなくなりました。

それ以上に、週末の夜、夕方から酒を飲んでは完全に酔っ払い、何度も妻や娘に暴言を吐き、傷つけていました。



とてもみっともない話しなのですが、原因は経営難。

社員とクライアントに恵まれて17年間楽しく順調にやってきましたが、急激に仕事が減り、資金繰りが悪化。 春先には毎月約300万円が自動的に赤字となることが判明。
3ヵ月後には確実に約1000万円の借金を抱えている現実が待っていました。


(止めましょうね、こんな話し。誰もこんなの読みたくないですよね!失礼しました!)


で、結果的に、1ヶ月、1ヶ月、1ヵ月と毎月なんとかそのピンチを乗り切り、私の会社は設立20年目を迎え、 幸い私もうつ病にもならず元気に仕事を続けています。(笑)

  

 

普通なら完全に諦めてしまうところなのに、なぜ諦めなかったのか…

絶体絶命のピンチが続いたのに、どうして乗り切れたのか…

心が折れそうだったのに、なぜうつ病やノイローゼにならなかったのか…

 

もし、そのことに少しでも興味がおありでしたら、この手紙の続きを読んでみてください。

「そういえば最近ストレスを感じるなぁ」
「なんとなく不安を感じる」
「なんだかやる気が起きないなぁ!」

と思われているあなた…

「今抱えている不安を今すぐにでも解消したい!」
「何をやってもなかなかうまくいかない!」
「仕事が嫌になった!」
「もう人間関係のことで悩みたくない!」
「なんとかピンチを脱するきっかけをつかみたい!」

…そんなあなたに読んでいただけましたら幸いです。

 

その方法は、実は、誰でも簡単にマスターできます。

性別や年齢に関係なく、いつでもどこでも自由に行えます。


しかも、自分流にアレンジできて、それが世界でたったひとつの、
あなただけの方法になります。


これを行うことで、とてもリラックスでき、やがて人間関係も良くなり、運のいい人間だと思えるようになり、 ピンチにも強い人間にもなれるでしょう…。

いかにももったいぶっていますね。(汗)
それは、タイトルにもありますように、胸の奥で「ありがとう」を言うという方法です。

なぜ、胸の奥なの?言葉じゃないの?…それは、この方法はいつでもどこでもできるから。
例えば満員電車の中でこれを言葉に出してやっていたら、たちまち「変な人!」と思われてしまいますよね。 ですから胸の奥で…。(笑)もちろん、言葉にしてもいいと思いますが。

この方法を、私は30歳代の中頃、偶然に思いつきました。
ある日、私自身に心の底から

「ありがとう!」

と思える出来事が起きたのです。
その時、私は感謝の気持ちが足りなかったことに気づかされました。
その日以来、もっと積極的に「胸の奥でありがとうを言おう!」と決意したのです。

さらに、目に見えるもの、目に見えないものなど、いろんな対象に感謝しなければいけないことに気づきました。
すると、その対象がどんどん増えてきて・・・。
そこで私はその対象を、体系化(整理)するように努めました。

そして、それを何度も繰り返すうち、なんとなく暗記できるようになりました。
それにより、やがていつの間にか、まるでお経(?)を読むようにスラスラと、胸の奥で

「ありがとう!」

が言えるようになったのです。

で、私が実践したのは、ほとんどが通勤電車の中です。
お風呂の中や、布団の中、散歩しながら行うこともあります。
暇な時に、いつでもどこでも行えるのがこの方法の一番いい点です。
しかも、携帯電話と違いどこかに置き忘れるという心配もありません。(爆)

たとえ電車が遅れても、待ち合わせの相手が遅れても、これをやっていればイライラすることもありません。 むしろ、遅れたことに感謝できるくらいです。

 

 

この方法を身につけるまでの、それまでの私は…たぶん謙虚さが足りませんでした。
ひ弱に見られて、実際確かにひ弱でした。(汗)
マイペースで人の意見をあまり聞かない典型的なB型人間でした。
ついつい辛らつなことを口にして人を傷つけることも度々でした。

大勢の人と一緒にいるより、ひとりでいる時間の方が好きでした。
夜なかなか寝付けず、朝なかなか起きることができませんでした。
わりと一人でクヨクヨ悩むタイプでもありました。

でも、この方法を実践することにより…とりわけ人間関係で悩むことが少なくなりました。
むしろ「なんて人に恵まれているんだ!」「なんてラッキーなんだ!」
と心から思えるようになりました。

そして、「俺って、本当にピンチに強いんだな!」と強く自信を持てるようになったのです。

 

そう思われるのが、このマニュアルの一番痛いところです。(爆)
正直に申しますと、かなり宗教ぽいかもしれません。
なにしろ「感謝すること」は宗教も同じですからね。
でも、私はこの方法を宗教だとは思っていません。

何より私は、どの宗教にも属していませんし、
宗教学者でも心理学者でも精神科医でもセラピストでもありません。
ただのかなり説教くさい50歳代のオジサンです。(汗)

ただ、私が提案するこの方法は、自分自身で「ありがとう!」を言う対象を見つけ出し、
それらに対して感謝する方法ですので、
その意味では“自分教”のようなニュアンスを持つものかもしれません。

もちろん、これには深い悩みを解決する宗教のような力は、絶対的にありません。
できるのは、
世の中にはいろいろな感謝の対象があるということに気づいていただくこと。

そして、
その対象に感謝の気持ちを持つことで、毎日をリラックスして生きていただくこと。


ただそれだけです。ルールも法則もありません。 どこまでもあなたの自由です。
ですから、ともかく、これは宗教ではないと、ここではっきり言わせていただきます。

 

そうですよね。そういう書籍は確かにいろいろあります。 私もずいぶん前に何冊か読んだ記憶があります。 たぶん、私のこの方法は、それらの影響を受けているのだろうと思います。 そのこと自体は否定はしません。
ただ、
はっきり言って、それらからパクッたり、それらを模倣したわけでは絶対にありません。

 

そうはいうものの、
このマニュアルを書き終えたあと、同じような本があったらどうしよう! と少し心配になりました。 そこで、同じジャンルの感謝系の本を何冊か買って読んでみました。
ご安心ください。 大丈夫でした。(笑)

確かに、同一の感謝の対象にありがとうを言いましょう!という本もありました。
でも、その点については、同じジャンルであればほとんどの本に共通すると思います。

 

ですが、私が提案するこの方法についてはどの本にも書かれていません。
少なくとも私が読んだ本の中では。
でも、世界中にはものすごい数の書籍があるわけですから、
もしかするとまだ翻訳されていない本の中にあったりするかもしれませんが。

それと、多くのありがとうの本や感謝についての本は、
著者が読んでくれた人にもっと幸せになって欲しい!
より素晴らしい人生を送ってもらいたい!という願いを込めて書かれています。
そのスタンスが、私の場合とかなり違います。
私は、
今ストレスや不安を抱えられている人や、悩んでいる人、ピンチに遭遇している人が、
それを乗り越えて、前に向かって進んでいただきたいという思いを込めて書きました。
そうしたストレスや不安を、 このマニュアルを読んでいただくことで
1/10でも、1/100でも、1/1000でも軽減できたら …と思って書き進めました。

あなたと同じ一般人である私が、どうやって悩みやピンチを乗り越えてきたのか。
よくまぁ、こんな恥ずかしい話しまで書けるなぁ! と思われるだろうことも、あえて体験談として書きました。
ですので“読み物”としても楽しんでいただけるのではないかと思っています。
あなたも、ぜひ読んでみてください。

 

表紙を含め、全体で62ページです。 目次はあえてはずしました。
目次があると、すでに読んだような気になる人もいらっしゃるのではないかということと、
やはり読み始めたら最後まで読んでいただきたいと思ったからです。

構成は、

「はじめに」で始まり、「最後に」で終わります。(当たり前!爆)
その間に、第1章から第5章までがあります。 第1章から第4章までは、
それぞれ異なる次元で胸の奥でありがとうを言う方法を紹介しています。

各章とも、まずなぜそれをするのかという私の考えを述べています。
次に、具体的な感謝の例として、 私がほぼ毎日行っている感謝の対象をすべて公開しています
(これを知られると私の人間性のすべてが読み取られる可能性があるので、
ボカしたかったのですが、 あなたの参考にしていただくためにあえて全部書くことにしました)。

そして、 各章の最後に実際に私の周りで起きたことや感じたことなどを
エピソードとして読み物風に綴っています。

さらに、第5章では、それらをひとつにして、できるだけシンプルで簡単に、
世界でたったひとつの「あなただけのもの」にしていただく方法を解説しています。
全然難しくはありませんので、ぜひあなたもやってみてください。

 

まったくおっしゃる通りですよね、私も面倒くさいことは大嫌いです。
でも、この方法は全然面倒くさくはないんです。
私の場合は、長年ずっとやっているので感謝する対象が増えてしまっています。
そのため、やや時間が掛かります。
でも、初めて実践される方は、
少ない対象から始められるようご提案させていただいています。

初心者の方でも、すぐに始められる再現性バッチリの情報商材というわけです。(爆)

それに、実は、私の場合でも毎日実践しているわけではないんです。
土日や休日は忘れてしまっていますし、
平日の通勤時や入浴中にふと思い出して行っています。

ですから、もしあなたもやってみようかなと思われるようでしたら、
ぜひ空いている時間を利用するようにしてください。
例えば、電車が遅れてなかなか来ない時、
待ち合わせの相手がなかなか姿を現さない時、
銀行や病院、お店などで順番待ちをしている時など…。
そうすると、イライラすることがなくなりますよ。
また、待たされていることに不満を感じることも少なくなると思います。

 

当然ですが、それは人によってさまざまだと思います。
ですから、一概にみんなにこんな効果がある!ということはできません。
ただ、明らかに今の世の中は、人のいい人、優しい人、人格的にも優れた人の方が、
疑問を感じたり、不安を抱いたりしやすくなっていますよね。

逆に、心の汚れた人、人格的にレベルの低い人は、そう簡単には悩みません。
すべてを他人のせいにして、人を傷つける行為を平気でします。
そういう人が多くなってきているから、
逆にますますいい人たちの悩む機会が増えています。
きっと、あなたもそうだと思われていますよね。

ですから、この

『世界でたったひとつの「胸の奥でありがとうを言う方法」』 は、
そういう本来ならあまり悩まなくてもいい人たちへの応援文だと思って書き上げました。少なくとも、これを読んでいただいた人には、
少しでも気分が晴れたり、元気を取り戻していただきたい!と願っています。

 

それは、昨年、私と私の娘がそれぞれあることを体験したからです。
このマニュアルの中にも書いているのですが、けっして愉快な話しではありません。
特に、私の娘はおとなしく控えめな性格の高校生(春から大学生)なのですが、
突然、電車の中で若い女性に首を絞められて危うく殺されそうになりました。
幸い、まわりの人に助けられ、その女性は駅員に引き渡されたそうですが。
ちなみに、私の方はそれに比べれば全然たいしたことではありません。(汗)

でも、これらの出来事がきっかけで、このマニュアルを書こうと決意しました。


今の世の中は、絶対的にありがとう!が足りない。
だから、この世の中はおかしくなっている。
そう強く思いました。
世の中全体の“感謝の泉”が枯渇しようとしている。
だから、多くの人の心が渇き、イラついている。
そして、そういう人たちは心の渇きがなかなか癒されないので、
純粋な人、真面目な人、優しい人、弱い人を平気で傷つけてしまう。

実際、それが原因で強いストレスを抱えられたり、
悩まされたりしている人がいっぱいいますよね。
だったら、おこがましいかもしれませんが、
私一人がこれまでずっと実践している方法をみんなにやってもらったらどうだろうと…。
これを公開することで、
心の健康を阻害されている人たちのお役に少しでも立てるのではないか…。

そう考えたのです。

私自身、誰が見ても、どこから見ても、とてもシャイな男です。(笑)
ですが、この際、 ええい、偉そうと思われてもいい!(実際、かなり偉そうかも…) 説教くさいと思われてもいい!(かなり臭いかも…) そう思って書きました。でも、書いていることは間違っていないです。(汗)

 

はい!と、自信を持って答えられます。
実際、私の知人にこのマニュアルを読んでいただきました。
その感想をメールで送っていただきましたが、複数の人が、
「このPDFをプリントアウトして妻や子供にも読ませたい!」と書いてくれました。

ちなみに、私の妻にも読ませましたが、無言でした。(汗)

でも、
夜に用意してくれている食事の内容が翌日から心なしかアップしたように感じています。娘は関ジャニ∞に夢中で、息子は野球少年なので、読め!
といってもなかなか読んでくれません。(笑)

まだ推敲前でしたが、ある程度書き進んだ段階で、九州の両親に郵送しました。
読んだあとすぐに会社の方に電話を掛けてきてくれました。
テレたような声で「読みながら何度もめがねが曇った」と言ってくれました。
まぁ、身内だからそうなのかもしれませんが…。
ともあれ、ちょっと親孝行ができたのかな。

 

静岡県浜松市 Y.I 様(30代男性)

拝読いたしました。感動しました。
普段はあまり考えませんが、自分も今まで生きてきた中で
多くの人たちに支えられてきたということを思い起こすことができました。
妻子にも読ませたいと思います。
「ありがとう」という言葉は、気持ちをおだやかにさせてくれます。
日々の仕事や家庭生活の中で、落ち込んだり、悩んだり、
不機嫌になったりする場面もありますが、
今ここにいる、そのことに感謝の気持ちが必要だと思いました。
まずは実践してみます。
それから、「第3章」に書かれたように、
閉塞感のある時代ですが
挑戦し続けるエネルギーを持ちたいと思います。

 

岩手県盛岡市 Y.S 様(50代男性)

「胸の奥でありがとうを言う方法」を読ませていただきました。
実は私は、かつて仕事のこと、家庭のことで行き詰まり、ウツ状態になってしまっていました。
毎日会社へ行き帰ってくるだけで精一杯の日々が続き5年前の正月休みの深夜、
気持ちが切れてしまい車で家を出ました。
何もかも楽しくなく、もうどうでも良くなってしまったのと蓄えもなかったので、
交通事故で死ねればお金を残せるかも?という気持ちでした。

そんな危ない状況から無事に戻れたのは、やはり家族でした。
着て出たダウンのコート(誕生日のプレゼントです)が体だけでなく、心も暖かく包んでくれるのを感じ、
僕には帰れる家があると思ったのです。
明日からの生活を考えると、足のすくむ思いで何年も悩んできたのですが、
まもなく自分の会社をやめることにしました。
それから今まで色々ありましたが、何とか暮らしてこれました。

かつての自分を振り返ると、「ありがとう」「ごめん」が素直に言えない生き方をしてきたことに気づきました。
「ありがとうございます」というと、どうしてもどもって旨くいえないのです。
そんな時、「ありがとう」を何万回も言い続けると奇跡が起こること知りました。
半信半疑でしたが「ありがとうございます」という練習を少しずつしました。
そのせいか今は、前よりは「ありがとう」を気軽にいえるようになり、気力も回復してきたように思います。

そんなところに、今回この「胸の奥でありがとうを言う方法」を読ませていただきました。
これも何かの縁というか、シンクロニシティ(共時性)のように感じます。
最近「ありがとう」を忘れていましたので、その事を思い出すようにというメッセージだったのでしょう。
このPDFをプリントして、家族にも読ませてあげようと思います。

ありがとうございました!

 

東京都大田区 N.K 様 (40代女性)

読ませていただきました。心が洗われる感じでした。感謝の気持ちを忘れてはいけないですよね。
それに前向きじゃないと。わたしはもうすぐ50歳になります。
50年近くも何ごともなく(細々としたことはともかく)生きてこれたことに感謝しています。
う~ん、わたしは無宗教ですが、ときどき何かに、誰かに守られているなぁ、と感じることがあります。
先祖、守護霊さまのおかげだと思っています。
ちょっと不思議な出来事も体験したことがあるので、見えない何かにとても感謝しています。

若い頃の方がマイナス思考だったかなぁ、いまはどちらかというとプラス思考ですね。
なんとかなるさ!みたいなところがあるせいか、友だちに「天然、だよね」とよくいわれます。
でも、わたしもいろいろ悩みというか、しんどいことがあるんですよぉ。
いまだ解決できないこととか、、、
でも最近では、苦労というか、そのしんどさが顔にでていないなんて、「すごいじゃん!」と思っています。
これからも、感謝の気持ちを忘れずに、

がんばります!

 

 

私は昨年、情報商材をかなりの数、購入しました。

5万円以上のものもありますが、そのほとんどが、29,800円、19,800円、9,800円…総じて値段が高い!
ずっと、そう感じていました。

そこで、これを書こうと決意した時から、できるだけ低価格で販売し、より多くの人に読んでいただきたいと考えました。

そこで、一般書籍とほぼ同等の価格 1,800円 で販売させていただきます。

 

必要な費用はマニュアル購入費だけでいいのですか?他に何か物を薦められたり、勧誘されたりする心配はありませんか?

もちろん、マニュアル代金以外の費用は、いっさい必要ありません。また、これは宗教ではありませんし、特定の団体でもありません。セミナーやサークルなどの活動を行うつもりもありません。当然、物品の販売や勧誘などもありえません。ご安心ください。

 

PDFとか、ダウンロードとか、よくわかりません。そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

そんなみなさんも多いかと思います。そんな方は、ぜひ私にメールをください。メールで話し合って、一番良い方法を見つけたいと思います。

アドレスは⇒ Wable155★gmail.com (★を@に変えてください)

 

メールサポートはないのですか?

マニュアルの活用法についてはメールでご質問いただけます。ただ、申し訳ありませんが個々の悩みに関するご相談はお受けできません。精神的なアドバイスは、専門家の方でなければ難しく、私では絶対に無理だと思います。無責任なことはできませんので、あえてメールサポートという形式をとらないことにしました。ですが、気楽なメールのやり取りで宜しければ充分に可能ですので、上記のアドレスまでいつでも気軽にメールしてください。

何かやってはいけないこととか、ありますか?

クルマとか乗り物の運転中は実践しないようにしてください。仕事中や作業中などの場合も、そちらに意識を集中するようにしてください。

 

いつでもどこでも自由に実践できる

世界でたったひとつのありがとう!の方法を、

あなたも自分のものにしてみませんか?

 

情報商材レビュー研究会からレビューを頂きました。

ぜひご覧ください!

「情報商材レビュー研究会 認定レビュアー」masaru様

私は「人に感謝することは大切だ」と
頭ではわかっているつもりでいました。

しかし、いつも何かにイライラしていたり、
誰かに裏切られたような気持ちになったりして
人間関係に疲れてしまうことが多かったのです。

この方法を私自身が早速実践してみて、
そんなイライラをかなり減らすことができました。

人間関係のことで悩む場合、
悩みの元になる対象に
変化を期待すると疲れます。

しかし、自分の考え方や感じ方を変えることは
誰でもすぐにできます。

このテキストはそんな自分の謙虚な姿勢が、
人間関係を良好にし、
ある時には信じられないような
幸運も運んでくれることを教えてくれます。

ただし、このテキストの内容は
謙虚に自分のことを考えることができない人には
その効果がほとんど期待できません。

その反対に、じっくり落ち着いて
自分の周囲に起きていることを考えることができる人には、 気持ちのゆとりが生まれ、
自信を持てるようになると思います。

さらには周囲の人をも
幸福にすることができます。

実践すべきことはお金もかからず
どこでも誰でもできる内容です。

masaru様

ネットで見つけた「いいもの」

情報商材レビュー研究会 認定レビュアー

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

今、この追伸を目にされているあなたは、
きっとマインドレベルが高次元の方だと思います。
ぜひとも私と一緒に前進しましょう。レベルアップを図りましょう。

とはいえ、実は私は、まだ完全にピンチを脱し切れているわけではありません。
でも、毎日この方法を実践し続けていますので、必ずや近いうちに完全に脱出できて、
心が晴れ、私を支えてくれている家族や両親、
友人や知人に最高の笑顔を見せることができると信じています。

そして、インターネットという世界ではありますが、
今この瞬間、あなたと私は確実にひとつのラインで結ばれています。
それは、きっと気持ちと気持ちとのつながりです。
その出会いに感謝して、あなたの胸の奥に向けて、
私の胸の奥から感謝のメッセージを発信させていただきます。

「ありがとうございました!」

これから、あなたにより良いことが沢山おきますように!

 

 

 

 

特定商取引法の表記

Copyright c2008 有限会社ワーブル All Rights Reserved.